プログラマー 徹夜

プログラマーって徹夜が当たり前?出来ないと働けない?

徹夜明けのプログラマ

ネットの情報を調べているとプログラマー徹夜
当たり前という言葉が目に付きますよね?

 

ひどい情報だと・・・。

 

■徹夜は当たり前、2徹することもある
■1週間ぐらい徹夜することもある
■徹夜ができなければプログラマーになれない

 

と、いった情報を目にすることもあると思いますね。

 

だから、プログラマーという職業には憧れているけど、
徹夜が当たり前になるほど働かないといけないなんて・・・。
だったらプログラマーになるのは辞めておこうかな・・・?

 

と、ためらっていらっしゃる方も多いと思います。

 

では、プログラマーという職業は徹夜が出来なければ勤まらないようなものなのでしょうか?

 

それに関しては自信を持って違う!と言えます。

 

ネットの情報を調べるとプログラマーは徹夜に強いとか、徹夜をして当たり前とか、
俺、○日連続で徹夜をしたよ!なんて徹夜情報が溢れていますが・・・。

 

徹夜が発生するかどうかなんて完全に会社によって違うんですよね?
徹夜が当たり前のように行われている会社は頻繁に徹夜をするし、
徹夜をしない会社だと徹夜が発生する事はほとんどありません。

 

ちなみに私はプログラマーを2社経験し、
2社で合計9年は働きましたが一度も徹夜をしたことはありません。
何故なら、仕事が忙しくてどうしても回らない時期は徹夜じゃなくて
休日出勤をするからです。
(まぁ、休日出勤もほとんどしたことが無いのですが・・・。)

 

徹夜をしないといけないか?休日出勤をしないといけないか?
どちらかとなると常識的に考えて休日出勤をする方が先です。

 

徹夜なんてすると眠くて眠くて、辛くて辛くて翌日仕事にならないからです。
プログラマーは徹夜に強くて当たり前なんて完全な嘘です。
眠いものは眠いんです。

 

人間寝なければ眠いのは当たり前ですし、寝なければ労働効率がダダさがりです。
そんな眠くて辛い徹夜をするなら、先に休日出勤をする方が優先されるんです。

 

では、休日出勤を行っても仕事が終わらずに徹夜をすることになったら?

 

はっきり言いましょう。それは単なるブラック会社です。
そのような会社に絶対に就職してはいけません。
そしてIT企業はブラックな会社ばかりではありません。

 

そりゃ、IT企業という特性上、常に仕事が予定通りに回る事はありませんので、
どうしても仕事が終わらずに休日出勤をしなければならないこともあるでしょうが、
休日出勤をしてもなお仕事が終わらないような仕事の計画を立てる会社は
単なる無計画な会社か、
無茶な要求をしてくる取引先の言いなりになっている会社であり、
IT業界全てがそのような会社埋め尽くされている訳ではありません。

 

先ほども書きましたがは私はIT企業を2社働きましたが9年間働いて、
徹夜をした回数は0回です。徹夜は一度もありませんし、
徹夜なんて絶対にやりたくないですし、
徹夜が頻発するような会社だったら辞めます。

 

プログラマーは徹夜をして当たり前というのは嘘です。
徹夜なんてしないに越した方がいいに決まってますし、
徹夜が頻発するような会社に就職さえしなければ何も問題はありません。

 

徹夜が発生する原因は
完全に仕事を仕切る側の人間であるマネージャーの力量不足
です。
最初から達成できないほどの無茶な計画を立てているから起こることです。
どうしても想定外の事が発生して納期に間に合わない場合は調整するのものです。
それが出来ないというのは良い会社とは言えないでしょう。

 

間違っても徹夜が頻発するような会社に就職しないようにしてくださいね。
会社選びさえ間違わなければ、徹夜なんてしなくても良い職場は沢山あります。

 

あのITベンチャーで有名な「ホリエモン」も
以下の動画で睡眠時間は大事と言っていますよ。
プログラマーは徹夜をして当たり前なんて考え方は異常です。
徹夜ができなければプログラマーにはなれないなんて言葉は真に受けないようにしてくださいね。

 

 

では、何故世間で言われているプログラマーって残業ばかりになってしまうのか?
について解説していこうと思います。

 

 > プログラマーが残業ばかりになる大きな理由とは?