プログラマー 35歳

プログラマーって35歳を過ぎるともう働けないって本当?

35歳を過ぎたらもう働けない?

プログラマーになりたいと思われる方は一度ぐらいは
35歳定年説と言う言葉を
聞いたことがある方もいらっしゃると思います。

 

35歳になってしまうともう働くことが出来ずに、
会社を追い出されて家族共々露頭に迷ってしまう。

 

もし、将来そのような事になってしまうのなら、
プログラマーになるのは諦めた方がいいのかな?
と、思われている方もいらっしゃると思います。

 

では、本当にプログラマーは35歳になるともう働けなくなってしまうのでしょうか?
実際にIT業界に9年勤めた私の見解を示してみたいと思います。

 

 

休日出勤や徹夜だらけの環境で体力的に持たないから

まず、プログラマーが35歳で限界が来てしまう理由で良く言われている事は、
プログラマーという職業は休日出勤徹夜が発生するため、
加齢による体力の衰えにより体力的に持たないが挙げられていると思います。

 

実際に加齢と共に体力が落ちるというのは紛れもない事実です。
私も既に年齢は30歳を越えているため
体力の衰えは非常に実感はしているのですが・・・。

 

20代の頃は1日程度は徹夜をしても全く問題はありませんでしたし、
多少の無茶も若さで何とかなりましたが30歳になると、
徹夜は体がしんどくて受け付けなくなります。
本当に辛いんですよ?30歳を越えた徹夜というのは・・・。

 

では、プログラマーという職業は35歳になると、
休日出勤や徹夜の連続で体が持たなくなってしまうから働けなくなるのか?
と、いうとそれは大きな間違いです。

 

何故なら、
労働時間が長く休日出勤や
徹夜が発生するというのは会社や現場によるから
です。
全てのIT業界がそのような悪い環境の職場ばかりではありません。

 

ライフワークバランスが大事と提唱する会社も多いですし、
残業、休日出勤、徹夜なんてやらない技術者の方が
スキルアップに時間が取れるため将来性もあります。

仕事ばかりしていて自分の時間を取れない技術者の方が不利です。

 

私は9年間IT業界で働いてきましたが
休日出勤は数えるほどしか行っていませんし徹夜は一度もしたことがありません。

 

徹夜や休日出勤だらけの会社で働けば
そりゃ35歳で限界はきてしまうかもしれませんが、
IT業界はそのような会社ばかりではありませんし、
他業種だっていくらでも労働環境が悪い所はあります。

 

言い方は悪いですがプログラマーという職業は
椅子に座ってパソコンで作業する仕事です。
大工のように何十キロという重い資材を運ぶ事も無ければ、
サービス業のように常に立ちっぱなしというわけでもありません。

 

だから作業のしんどさレベルで言うなら他の職業よりはむしろ楽だと言えます。
毎週毎週終電+休日出勤+徹夜といった
作業をしていたら体はボロボロになりますが、
逆に、そういう職場ではなければ比較的楽なんですよね?何せ座って仕事が出来ますし。

 

つまり体力的な意味で35歳を越えても働けないというのは嘘です。
無茶な働き方をしている人が働けなくなるというだけの話です。

 

実際に40歳や50歳のプログラマーの方とも一緒に仕事をしたことがありますし、
今も元気に働かれています人も沢山いらっしゃいます。
35歳が定年なんて言葉は徹夜や
休日出勤が当たり前と思っている人達だけに当てはまります。

 

 

技術の進歩についていけなくなるから

もう一つプログラマーが35歳で限界が来てしまう理由として言われている事が、
技術の進歩についていけなくなるからというものがあります。

 

ご存知だと思いますが
コンピュータ業界の技術の進歩のスピードは非常に早いです。
例えば一昔前であればCOBOLの技術者は沢山必要とされていました。

 

しかし、今はCOBOLが必要とされている現場は
ごくわずかな古いシステムが使われている所だけで、
仕事の量が激減しているため、
今はCOBOLが出来てもほとんど仕事はありません。
つまり、COBOLしか出来ないプログラマーは職を失ってしまうわけですね。

 

今はJavaやObjective-C、PHPやOracle等が流行っていますが、
今流行っている技術も数年〜数十年経過すると不要な技術になっている可能性があります。

 

つまり入社して10年少し働くと、
学生時代や若い時代に修得した技術が不要になってしまう上に、
新しい世代が最新の技術を身に着けて現場に入ってくるものだから、
35歳のようなプログラマー歴の長い技術者は
価値を失ってしまうから働けないというものです。

 

ですが、これも大きな間違いです。

 

何故なら技術は勉強することでいくらでも新しく身に着けることが出来るからです。
本屋に行けば最新の技術書がいくらでも並んでいますし、勉強すれば身に着けることが出来ます。

 

実際に私が今まで関わってきた人でも、
現場で40歳になっても50歳になっても働いている人は居ます。
35歳になったら技術についていけないから仕事が出来ない、
何も出来ないというのはありえないわけです。

 

ちゃんと前向きに仕事に取り組んでいれば
35歳で働けなくなるなんて100%ありえないです。

 

35歳以上で働いている人はいくらでも居ますし、
40歳でも50歳でもバリバリ現場で働く人は沢山居ます。
私はそんな人を何十人も見てきました。

 

 > トップページへ戻る