プログラマー 残業

プログラマーって残業が多くて当たり前の業界なの?

残業でイライラしている女性

ネットの情報を調べているとプログラマー残業
多くて当たり前と聞きますよね?

 

■残業の無い日なんて存在しない
■毎日残業どころか毎日終電生活は普通
■月の残業時間は100時間は越える

 

このような情報は沢山ネットで調べていると見つかりますよね?

 

では、プログラマーという職業は
それほど残業ばかりしないといけない職業なのでしょうか?

 

これに関する回答はプログラマーという職業は、
他業種に比べて残業が多いと思いますが、
それでも残業の酷さや残業の有無は会社や現場によるという回答になります。

 

IT業界でも残業がほとんど無い会社は存在しますし、
別にIT業界ではなくても残業だらけという会社は沢山あります。

 

IT業界だからと言って残業ばかりの会社というわけではありませんし、
季節によって忙しくもあれば、暇だったりもします。

 

そのため、実例としてIT業界に9年で2社勤めた私
私と同じくIT業界で働いている友人A、友人B、ゲームプログラマーの友人C
実際の労働事例をご紹介しますので、参考にしてみてください。

 

 

IT業界に9年で2社勤めた私の経験

1社目

まず、私が最初に就職した会社の実例をご紹介させて頂きます。
場所は大阪にある従業員が30人程度の零細企業でした。

 

業務内容は受託開発(請負開発)
特定派遣(客先常駐)の2種を行っている会社でした。

 

受託開発(請負開発)や特定派遣(客先常駐)って何?
という方は以下のページにまとめていますので参考にしてみてください。
↓ ↓
プログラマーの労働形態を知っておこう

 

この会社には2年間勤めたのですが、
最初の1年目は受託開発(請負開発)の仕事を行っていました。
簡単に言いますと、他の会社から「これ作ってね?」と言われて
渡された仕様書通りにプログラムを開発するといった仕事です。

 

当時の私は新入社員になりたてでしたし、
学校で軽くプログラムの勉強(C言語、VB)をした程度の知識しかなかったため、
スキルも高くありませんでしたので、
先輩に迷惑をかけてはならないと思って必死に作業をしていました。

 

残業時間は比較的長く毎日22時近くまで働いていたと思います。
定時で帰れる日はありませんでした。

 

しかし、新入社員の頃でしたので、とにかくがむしゃらに頑張っていましたし、
仕事についていかなくてはいけないと思って必死でしたので、
残業についてはあまり苦痛ではありませんでした。

 

2年目になってからは特定派遣(客先常駐)の方の仕事に回されることになりました。
出社場所が変わり、就職した会社ではなく派遣先の会社に変わりました。
ちなみに派遣先の会社は
日本人なら知らない人は絶対に居ない大手のIT会社です。
(名指ししてしまうと問題がありそうなので伏せますが、
富士通、日立、三菱みたいな会社。)

 

派遣先の会社はとにかく忙しくて、
大手会社なのに毎日24時まで労働していました。
私自身経験も社会人2年目であり、
経験も少ないためワガママを言っても仕方が無いとは思いましたが、
実際には1年目より更に労働時間が増えており、
残業の多さに嫌気が差し始めました。
何せ、定時で帰れる日なんて無かったですから。

 

そのため、この先もずっと毎日長時間労働させられるのかと思うと、
仕事を続ける気にはなりませんでしたので、
思い切って2年で会社を辞めることにしました。
何より残業代が1円も支払われなかったのも大きな要因です。

 

尚、私が新卒で入社した会社は大阪のコンピュータ専門学校の在籍時に
就職課の求人票を適当に選んで就職した会社です。
学生当時は就職先なんてどこでも良いと
思っていましたので適当に会社を選びましたが、
適当に会社を選んでしまうと本当にダメなんだなと後悔しました。

 

私が会社を辞めた理由は以下のページにもう少し詳しく書いていますので、
気になる方はチェックしてみてください。
↓ ↓
私が新卒で就職したIT企業を2年で辞めた理由とは?

 

2社目

私が新卒で入社した会社を辞めて次に就職した会社は、
京都にある従業員が30人程度の零細企業です。
(ちなみに新卒で勤めた会社を辞めた後の半年間は無職をやっていました。)

 

受託開発(請負開発)を行っている会社でしたが、
こちらの会社では7年間勤めました。

 

新卒で勤めた会社は残業時間の多さが辛かったし、
また同じような働き方をしたくないと思っていましたので、
面接時に「残業はどれだけあるのですか?」と聞いて、
どれだけ残業があるのか?を確認してから入社しました。

 

面接時に返ってきた答えは
「忙しい時期は夜遅くまで残業する必要があるけど、忙しくない時期は定時」
でした。

 

実際に働いてみると面接時の回答に嘘は無くて、
忙しい時期である12月3月毎日のように終電で帰る生活でしたが、
それ以外の時期は20時〜21時には帰れる生活でしたし、
繁盛期ではない4月、5月、6月、7月は毎日定時で帰れるという生活でした。

 

忙しい時期はバリバリ働くけど、
そうでない時期は残業しないといったスタンスの会社だったので、
前職のように毎日深夜ということも無く、
また残業代も全て上限無しで支給
されていたため、
仕事へのモチベーションも高く、居心地は大変良かったです。

 

受託開発(請負開発)なので新卒で入社した
会社のように別会社に飛ばされる事もなかったですし、
勤続年数が上がるに従って責任ある仕事も任され、
SEの仕事も良くやっていました。

 

ただし、私はこの会社は7年で辞めてしまうことになりました。
何故?辞めてしまったのか?
については以下の記事にまとめていますのでご覧ください。

 

 > 私がプログラマーを辞めた理由とは?

 

 

IT業界に勤めている友人の経験

 

あと、私の話だけではなくIT企業で働いている、
私の友人の労働環境の話もさせて頂きます。

 

私はプログラマーですから、私の友人にはプログラマーも多いんです。
だから、私だけではなくて私以外の労働環境の話もさせて頂きます。

 

医療系ソフトの開発会社で働いている友人

自社で医療系ソフトの自社開発(パッケージ開発)をしている友人がいます。
場所は兵庫県の神戸の会社ですね。神戸牛で有名な所です。

 

自社開発(パッケージ開発)といってもヨドバシカメラなどで売られている、
PCソフトのパッケージ商品とかではなくて
BtoBといって企業に向けて販売するパッケージです。

 

医療系ソフトなので病院クリニックに対して売っていくものですね。

 

病院やクリニックはお金持ちの所が多いため金払いが大変良いらしく、
会社は極めて好景気であり開発期間も
豊富に頂けるらしく残業がほとんど無い
らしいです。

 

私が話を聞いていても羨ましいぐらいの高待遇です。
仮に残業があったとしても残業代が完全に支給される会社だと友人は言ってました。

 

このような自社ソフト開発を行って成功している会社は
残業が少ない傾向にあります。

残業の多い職場は嫌だという方は
自社ソフト開発をキーワードに職場を探してみるのも良いでしょう。

 

請負系の会社で働いている友人

話は変わって別の請負の仕事をしている友人の労働環境をご紹介します。
請負会社なので私の2社目と同じような形態ですね。
「これを作ってね?」と、他の会社から開発依頼を受けたものを作る会社です。

 

友人曰く、残業はほぼ無いと言っていました。
毎日定時で帰れるような仕事の見積もりや依頼を受けるようにしているらしく、
無茶な納期の仕事は受けないとのことでした。

 

その会社はフレックス制を導入しているため出社時間も自由とのことで、
私から見てもかなり羨ましい環境で働いているなと思いました。

 

ゲームプログラマーの友人

最後にゲームプログラマーとして働いている友人の事例をご紹介します。
ゲームプログラマーと言っても今流行の携帯ゲーム、ソーシャルゲームではなくて、
昔からあるPS3のようなパッケージのソフト開発を行っている会社です。

 

この会社は請負会社なのですがゲーム開発請負会社だと大手になりますので、
ゲームに詳しい方は名前ぐらいは聞いたことがある方もいらっしゃると思いますが、
あの、任○○からも開発依頼を受ける会社です。

 

残業時間は結構多くて忙しい時期だと毎日終電で仕事をするらしいのですが、
忙しくない時期は定時に帰れるらしいです。
私の2社目と同じような労働環境ですね。
忙しい時期は仕事をするが、忙しくない時期は割と暇になる感じです。

 

ただ、忙しい時期はかなり休日出勤もするらしく、
ロクに休みを取れない日々が続くそうで、
結果嫌気が差して辞めてしまう人も多いようです。


IT業界が残業多いかどうかは会社による

残業をする女性

さて、このようにIT業界に9年間で2社働いた
私と私の友人の労働環境の実例を
ご紹介させて頂きましたがいかがでしょうか?

 

■残業の無い日なんて存在しない
■毎日残業どころか毎日終電生活は普通
■月の残業時間は100時間は越える

 

といった、ネットの悪い情報を集めてばかりいた方にとっては、
そんなに労働環境の良い職場ってあるの?
って思われたかもしれませんが、実際には普通にあります。

 

逆を言えばどんな業種でもブラックな会社はあります。
別にIT業界だけが特別にブラックというわけではないし、
IT業界はどこに行ってもブラックというわけでもないんですよ。

 

大事な事は会社選びです。
良い会社にいけば良い環境で働けるし、
ブラックな会社にいけばブラックな環境で働かされることになる。
それだけの話であり、他業種も変わりません。
他の業界でも残業する人は残業しまくります。

 

間違っても1社目の会社に勤めた私のような所で働かないようにしてくださいね。

 

当サイトではブラックな環境で働かないためにはどうすればいいか?
という情報もまとめていますので是非参考にしてください。

 

 > プログラマーって休日出勤ばかりで休みなんて殆どないの?


このエントリーをはてなブックマークに追加