IT業界 辞めた

私がIT業界を9年で辞めた理由とは?

辞表を提出

当ブログタイトルにも含まれていることですが、
私は31歳で9年間働いたIT業界を辞めることになりました。

 

今までIT業界を経験したのは2社で、
最初の会社は
サービス残業ばかりで不満が大きかったため、
すぐに辞めてしまったのですが、

 

2社目の会社は忙しい時期も多かったですが、
暇な時期は定時で帰れる日も多かったですし、
休日出勤や徹夜はほとんどしたことがありません。
給料も比較的高めで、そこまで大きな不満はありませんでした。

 

では、何故?私がIT業界を辞めてしまったのか?
理由を説明したいと思います。

 

 

独立をしたかったから

 

私がIT企業を9年で辞めてしまった理由は早い話が独立したかったからです。

 

だから、会社を辞めた理由にIT業界の仕事がイヤになったとか、
残業が多くて辛くなったとか、給与が安かったからという理由ではありません。

 

むしろ、人間関係も一部の人を除けば比較的良好な関係を築けていましたし、
システムエンジニア(SE)の仕事も任されるようになりました。
そのため、私に独立がしたいという願望がなければIT業界は辞めていなかったと思います。

 

ちなみに何を行っているのか?と言いますと、
あまり詳細に話すことは出来ないのですが、
WEB制作の仕事や自分で開発したソフトの販売や軽く物販業を行っています。

 

今は昔と比較してインターネットが発達していますのでWEB制作の仕事も多いですし、
PayPalと言って自分で作った作品を販売できる媒体もありますので、
自分で開発したソフトを販売すれば、そこそこの収入になるんですね。

 

例えば、実際の画像は私が自分で開発したソフトの売上メールになるのですが、
このようにIT業界で培った技術を生かして作成したツールに値段を付けて売っていたりもします。

 

自作ソフトの販売

 

ただ、現時点でそこまでお金が稼げているわけではなく、
月収でせいぜい20万円〜30万円程度しか稼げていませんので、
少し早まったことをしたかな〜と思ったりもしています。
どちらかというと、会社に勤めていた時代の方が儲かっていましたからね。


IT業界で得たスキルはかなり役に立つ

IT業界で得たスキルはかなり役に立つ

 

ただ、やはり実際に独立しても思った事ですが、
IT業界で得たスキルはかなり役に立つということですね。

 

WEB制作のノウハウが身についたり、
ソフトを自分で開発したりといった事が
出来ると色んな所で役に立ちます。
会社を辞めても非常に重宝するわけですね。

 

そういう意味では私はIT業界に入社するという
選択を取って非常に良かったと思っています。

 

手に職を付けておくと、このような選択肢も取れるようになるんですね。

 

 > トップページへ戻る


このエントリーをはてなブックマークに追加